宮崎県都城市 U様

シンクと熱源の位置

キッチンの改修を計画されました。
もともと、シンクがダイニングに対面し、熱源の前が壁というレイアウトでした。
天井から下がっていた天袋は撤去するものの、手の届く位置に収納を残したい…
このご希望を実現するため、対面側に熱源を
シンクを壁面に納める事で、目線の高さにウォールユニットを付ける事が出来ました。

これまでバックカウンターには大きな窓があり、天井近くに天袋が配置されていたため、
脚立を使わなければ届かない 不要なものをため込むスペースとなっていました。
今回、バックカウンターには手の届く位置に収納を作り、その上を風通しの窓としました。
レンジフードの上部・シンク前の壁にも、キッチン扉と同じウォールナットを用い、
キッチンとの一体感を出しています。

U-001.jpg U-002.jpg U-003.jpg U-004.jpg U-005.jpg U-006.jpg U-007.jpg