伝統技巧と最新機器の融合 オートクチュールキッチン005

『オートクチュールキッチン005』

2015年 "新作" 『オートクチュールキッチン005』 全てが自由自在・・・

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3005%EF%BC%88565%EF%BC%89.jpg


『ワークトップ・扉のパターン例』

T-red.jpg T-%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%AF.jpg T-%E6%9C%B1%E8%89%B2%EF%BC%8B%E5%A4%A7%E7%90%86%E7%9F%B3.jpg T-%E6%9C%B1%E8%89%B2%EF%BC%8B%E5%A4%A7%E7%90%86%E7%9F%B3%EF%BC%92.jpg T-%E5%A4%A7%E7%90%86%E7%9F%B3%EF%BC%93.jpg T-%E6%9C%B1%EF%BC%8B%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3.jpg T-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%EF%BC%8BBlue2.jpg T-%E6%9C%B1%E8%89%B2%EF%BC%8B%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%EF%BC%92.jpg
※上図をクリックすると大きく写真が表示されます。

職人たちの手技、継承されていく伝統技巧を駆使してキッチンを作ってみました。
ワークトップ、シンク、扉の材質、機器など
全てにお気に入りを選んで作り上げていくオートクチュールキッチン。
いく通りもの組合せが発想され、LIBREのキッチンにはさらに新しいバージョンが誕生です。
(意匠登録出願中)
最新のキッチンをショールームでご覧ください。



◆ワークトップ/ステンレス バイブレーション仕上げ+サクラ 無垢材の組合せ(W2700×D950)

サクラの無垢材を井桁に組み、3mm厚のステンレスを
埋め込みました。
熱に強く、鍋底の温度を気にせずダイレクトにおける
ステンレス最大の長所を無垢材で包むことにより、
金属の冷たさを軽減しました。

o-005-002.jpg

◆シンク/ステンレス(W790×D480)

ステンレスシンクを採用。
シンプルで使いやすく、お手入れしやすいステンレスシンク。
水切りプレートを外すと段のあるシンクとなり、とても機能的です。

  o-005-004.jpg

◆扉材

福岡ショールームの展示キッチンは鏡面塗装の扉ですが、
様々な天然木からお選びいただくことも可能です。
天然木の場合は7回の塗装工程により天然木でも耐久性のある仕上です。
小口は4ミリの無垢貼りにより、扉エッジの強度を上げています。

%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%80%80%E6%9D%BF%E8%A6%8B%E6%9C%AC.jpg

o-005-007.jpg

◆コンロ〈IHヒーター/Teka(テカ:ドイツ製)〉

ドイツのTeka(テカ)を採用しました。
60cm幅のハイエンドモデルが新登場です。
指先で軽くなぞるだけで火力調節ができる
『スライダーセンサースイッチ』。
お湯が沸いたら音でお知らせ、
パスタを入れてからの火力調整とタイマー始動など
『クイックボイル』『鍋適正化システム』を
新しく追加してリニューアルしました。

Teka%20IQS633.jpg

◆混合水栓〈GROHE(グローエ:ドイツ製)〉

ドイツのGROHE(グローエ社)を採用しました。
調理やお皿洗い以外にも水を飲む・手を洗う・植物に水を汲む…
など1日に60〜70回も使われるキッチン水栓。
その中でGROHEの機能的なシングルレバー水栓は、
滑らかな操作性と高い耐久性が世界最高峰です。

Minta.jpg

◆レンジフード〈ARIAFINA(アリアフィーナ) Albore(アルボーレ) 〉

IHクッカー専用収納式下引き室内循環フードです。
使用時はスイッチにより吸気口がせり上がります。
吹き抜けの大空間などに設置可能です。

%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AC.jpg