山口県 Y様

若草色の扉

改装計画はこれまで使い勝手の悪いところを改善していくものの、
レイアウトは変えず 最新の機器を導入するというもの・・・・・
出窓から差し込む光に、白系の天板 と若草色の扉が映え、
清潔感のあるキッチンになりました。

キッチン側は W3,755xD650。いちばん奥にはW600のトールパントリーを設置。
片開き扉の中には7段の引き出しが仕込まれ、食器や食品の収 納に活用されます。

背面収納は、W2,155/1,210xD455/350 のL型になりました。
いちばん奥に冷蔵庫、その横に食器棚というレイアウトは変更せず、
家電を配置するためのスペースをそのままL型カウンターとして延長し、
煩雑になっていたインフォメーションコーナーとつなげました。
ダイニングからのキッチンの入り口に電話台ができ、
収納下部には配線が見苦しいインターネット用の機器類を集めました。

天板の素材は、デュポンコーリアン プライベートコレクション:ウィッチヘーゼル

以前のキッチンの扉の色が大変お気に入りだったので、
現状の扉をお借りしてサンプルを作りました。
扉の内側は光に当たらない為、経年変化もせず
当時を思わせる色が分かりましたので再現されました。

LIBRE では自社内で塗装をする為、ご希望の色をキッチンの扉にできます。